美來 笙子

すべてのことをチャンスだと思うと

気づけることがある

『今』という瞬間が未来からの

最高のプレゼントだと

美來 笙子(みらい しょうこ)

美來 笙子(みらい しょうこ)

からだ言葉セラピスト

かしこい心のメカニズム学協会理事
からだ言葉セラピー協会理事

1949年生まれ。
30代半ばより15年間にわたり、ひどいギックリ腰に悩んでいたが「からだ言葉セラピー」と出会い、そのギックリ腰を解消した。

「からだ言葉セラピー」との出会いを契機に、病気や症状には総て原因となる思考があることを知り、自身のギックリ腰の原因となる思考に目を向けた結果、ギックリ腰だけではなく、根本から人生を楽に立て直すことができた。
夫を亡くして、人生に不安と挫折を強く感じている時期でもあった。

自分の身体や言葉から、意識の本質にアプローチし、身体だけでなく人生をも好転させる画期的なセラピーを、本格的に仕事とすることを決めて澤田俊天氏に師事する。
2008年より「からだ言葉セラピスト」「カウンセラー」として活動を開始。2000件以上の症例や人生の問題を好転、解消した実績を持つ。

自身の貴重なスキルを、地球全体が楽に進化するためにも役立て、後進を育てたいと願い「かしこい心のメカニズム学協会」「からだ言葉セラピー協会」の理事としても活動中

目標は、「お子様をお持ちの女性、働く女性、幸せになりたい総ての女性が、自分で、自分を成長させて、楽しく元気に働くようになること」