ブログ

素直な気持ちで

声に出して言ってみましょう

その瞬間からかわり始めます

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 肩甲骨
  4. 肩甲骨の不快な凝りを消す

肩甲骨の不快な凝りを消す

肩甲骨の不快な凝りを消す

凝りというものは、まったく不快なものです。

凝りはひどくなると、不快感を通り越して痛みが出てきます。

凝っている部分の筋肉は緊張して硬くなり、血管が圧迫されて血流が悪くなり、疲労物質や老廃物が筋肉中にたまるということが繰り返し起こり、凝りはどんどんひどくなっていくそうです。

日本人に一番多いのは、肩凝りだそうですが、
首や背中、特に肩甲骨の凝りを訴える方も、けっこういらっしゃいます。

肩甲骨の不快な凝りの実例

山田さん(仮名)は40才の独身男性。
建築士の資格を持ち、起業して、店舗の内装のコーディネイトを仕事にしている。
本人の言によると、「投資が得意でそっちの収入もまぁまぁあるので、気に入った仕事だけをけっこう自由に請け負えて、自分の人生はストレスフリーだと思う」とのこと。

その山田さん、「肩甲骨の周辺が凝って凝って不快でたまらない」と悩んでいました。

山田さん「肩や首が凝っている人ってストレスが多いと聞いてますが、肩甲骨の凝りもストレスなんですかね?
僕みたいにストレスのない人間も珍しいって、自分では思っているんですけど」

私「そうですね。ご本人が自覚しているかどうかは別として、ストレスのない方は今までのセラピーの体験から言うと皆無でした」

山田さん「ふぅ~ん。そうなんですね。僕は一体何がストレスなんだろう、、」と不満そう。

私は、「肩甲骨の凝り」を起こすメンタルな原因を念頭において、山田さんの背景をヒヤリングをしていきました。

肩甲骨の症状のメンタルな原因

「からだ言葉セラピー」では、症状の出ている部位の機能が、その症状を引き起こすメンタルな原因を解明するヒントになっていることが多いです。

ところが、

この「肩甲骨」は、少々勝手が違います。

なぜなら「肩甲骨」は、部位の機能というよりも「けんこうこつ」という名前そのものが、症状のメンタルな原因の代表的なヒントになっているからです。

?????どういうこと?、、と思われましたか?

ズバリ言いましょう。

「肩甲骨」に症状の出ている時は、

「肩甲骨」「けんこう骨」「けんこう」「健康」すなわち、
「健康」を気にしすぎていることがとても多いのです。

えぇーっ!!

「そんな!ダジャレみたいなことバカバカしくて」と思われた方は、そっとこのページを閉めて立ち去っていただいた方がよいかもしれませんね。

でも、少しでも肩甲骨に症状のある方は、読み進めて実際に試してみてください。

「からだ言葉セラピー」をしていると、このように一見ダジャレに思うようなことがしばしば起こります。

その経験から、逆に、私たちは日本語の素晴らしさを実感しています。

肩甲骨の凝りを「からだ言葉セラピー」で解消する

山田さんの話に戻しましょう。

山田さん「僕はどうも自制心が弱いとこがあって」

私「どうしてそう思われるのですか?」

山田さん「時間もお金もある程度自由になるし、自分の好きな仕事をマイペースでできるのはよいのですが、つい自分の欲望に負けてしまうというか、、。

健康のために今日は早く寝ようとか、飲まないでおこうとか思っても、つい飲みに行ったり、夜更かししてやりたいことをやってしまうんです。健康に悪いよな、、と思うのですが」

肩甲骨の凝り原因となっている言葉

山田さんの肩甲骨の凝りの原因となっていた言葉は、

「健康に悪いよな、、」

山田さんは、つい、不健康と思う行為をしながら、そのたびに自分を責めていたのです。

セラピーで処方した言葉

山田さんに処方した言葉は、

「自分はいつも健康によいことをしている!」

山田さんにこの言葉10回言ってもらうと、「あ~、ほんとうだ。肩甲骨の不快感が減ってきた」と言っていました。

私は山田さんに、この言葉を、毎朝、昼、夜に10回以上ずつ言うことと
「健康に悪いよな、、」と思ったら、そのつど直ぐに「自分はいつも健康によいことをしている!」と、3回以上言うことを提案しました。

5日後の山田さんの報告です。

「その日は言葉をずっと繰り返していました。
言うと背中が楽な気がしたからです。
翌日起きたら肩甲骨の不快感は半分ぐらいになっていました。
痛み、そうですね、今は20%ぐらいかな。
何だか自制心の方も、あんまり無理せずにうまく働いてくれそうな気がしてきたし、とりあえず肩甲骨がスッキリするまで言葉つづけます」

あなたも「健康に悪いよな、、」と思っていたら、

「自分はいつも健康によいことをしている!」と言ってくださいね。

また、ご自身の健康だけではなく、ご両親や家族などの健康を気にしている時にも肩甲骨の凝りは発生します。「父(母)は健康にしているかな?」と思った時にも「父(母)は、いつも健康にしている!」と思うようにしてくださいね。

あなたとあなたの大事な人の肩甲骨が、楽になりますように !

このケースは、山田さんのケースです。
個人の背景やメンタルな部分は個々のケースで異なりますので、全ての肩甲骨の悩みが解消できるものではなく、効果にも個人差があります。

あくまでも代表的なケースとして御活用ください。